今まで何度もブログに書いてきたように思いますが、一つの答えが出たかもしれません。


それは、ラケットが重いから。

重いものを投げようとする時に、体を左側へ倒して反動をつけてから投げようとします。この反動で重いものに対しての力を生もうとする訳です。この反動が大きいと、バドミントンの場合は次の動作が遅れると言う弊害になってしまいます。

ジュニア選手にとってはどんなに軽いラケットを使っても、それでも重いもの。この動作が出やすくなります。

この反動を少しでも減らす方法として、体を倒すのではなくラケット、もしくは肘を体後方へ強く引き、その反動でラケットを前に押し出す方法があります。

何度か紹介した、「ラギングバック」という動作になります。

軸をできるだけ安定させて、腰の捻転を使う事によってバランスを崩してラケットを振り回す事を若干防ぐ事が出来、一歩目に対応しやすくできます。

この引く動作のタイミングでスイングが変わる為、コツをうまくつかめれば力を入れなくても羽根を飛ばす事ができるメリットはありますが、うまくインパクトできなくなってしまう可能性も残念ながらでてきます。ただ、ラケットをコンパクトに振らせるイメージを作らせるのであれば、肘やラケットを引く動作を強く意識させてもいいでしょう。

大会時期にもよりますが、スイング改造、ステップ改造には徐々に取り組んでいかなければいけない選手も、おそらくは大勢いるでしょう。センスが解決してくれると楽なんですが、中には無い子も多いもので。。。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ