このバドミントンマナーに関しては、どうしたって持論になってしまうわけです。



ラリー終了後、相手にシャトルを返す(ラリーに負けてシャトルが手元にある場合)時は、どのように返すのがマナーなのでしょう?


一般的な考え方の一つとして、

○ネットの上を通して、相手のいるところに優しくラケットで打ってシャトルを渡す

のが無難でしょうか。
やってはいけないのは

×相手に向かって強くシャトルを打ち返す

事になります。ドライブを打つように返すのではなく、下から軽くサービスを打ちあげるように返球するようにしましょう。

では相手が次のサービスゾーンまで戻っていない場合は、相手に返球すればいいのでしょうか。それとも、サービスゾーンに返球すればいいのでしょうか。それとも、相手がサービスゾーンに行くまで待って返球すればいいのでしょうか。
ここからの判断は、ほぼ個人的な考えだと思ってください。

○相手がいてもいなくても、次のサービスゾーンへ向かって優しく返球する

私はこれで十分だと思っています。相手もサービスの立ち位置に行くまでは自分のペースがあるだろうし、こっちだって次のサービスが始まるまでの時間は有効に使いたいところ。わざわざ相手のペースに合わせる必要は無いと考えます。もちろん、最も相手の事を思いやるやり方となると、

○相手が次のサービスゾーンに戻ってこちらを見ているのを確認し、その相手に向かって優しく返球する

と言う事になります。
ここまでやってはいけないと言う話はありません。これを常にできるのがマナーとしていいのでしょうが、マナーと合わせて考えなければいけないのが、相手よりも1点でも多く点数を取る事。試合に勝つ事です。その為に、シャトルが床に落ちてから次のサーブまでの時間は大事に使いたいところ。プレーを振り返り、体を整えつつ、次をイメージして次のラリーを取る準備をする為には、相手にそこまで合わせなくても問題は無いのではないかと思っています。

では、相手がサービスゾーンを間違えていて、且つ、こちら側を見ていたとしたら?
私なら、

○優しくサービスゾーンに返球する

です。相手よりも次のサービスゾーンに返球します。相手が間違えてたとしても、センターよりのサービスゾーンなら手やラケットを伸ばせば取れます。ですので、遠い位置ではなく、あくまで近い位置のサービスゾーンに返球します。

では、ヘアピン等で決められて、相手がネット付近にいる場合は?

○ネットの上から手で直接シャトルを渡す
○ネットの上からラケットでシャトルを優しく打って相手に返球する

私はどちらでもいいと思います。直接渡すことは特別マナー違反になりませんし、近いから直接渡さなければいけないわけでもありません。
問題は次。

△ネットの下から、ラケットの上にシャトルをのせて直接渡す
△ネットの下から、相手に向かってラケットでシャトルを優しく返球する


結論から言うと、私はやります。相手にシャトルを渡してあげているという気持ちが伝わればいいと思っているので、このどちらの方法も問題無いと思っています。
ですが、△にしてあるのは、

「シャトルをネットの下から渡すのはマナー違反と思っている人は少なからずいる」

と言う事です。ということは、私自身もその人達からすればマナー違反をしているということになります。ここらが個人の感情が入ってしまうところで判断が難しいところではあると思いますが、私は、相手にシャトルを渡しているという気持ちを一応は込めているつもりです。ただ、基本は勝つ為に試合をしているので、相手の顔色を伺ってまで返球はしていないんですよね。どこまでやるかは非常に難しいところです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

この話題での最後は、やはり判断が難しいもので

△ネットの下から相手のサービスゾーンに向かってシャトルを弾く(ネット下にシャトルが落ちている場合)

試合の動画等を見ればわかると思いますが、現状、トップ選手はほとんどこれで返球します。上記の△と違って、私はこれはやりません。これをマナー違反とするならトップ選手は全てマナー違反をしている事になりますが、だからといって、小学生から社会人の一般プレイヤーまでこれをやっている選手はほとんど見かけた事がありません。一応△にはしてありますが、やらない方が無難だと思っていいでしょう。選手が真似をしてやっていたとしたら、注意してあげてもいいぐらいの返球方法、それぐらいの認識でいいのではないでしょうか。



マナーは人によって変わるものです。難しい部分ばかりですが、ここでの記事を鵜呑みにすることなく、選手同士の事をよく考えて判断してみてください。