ルールとマナーの瀬戸際の、とても難しいお話です。



まずはルールのお話からしたいと思います。

バドミントンのサービスは、サーバーとレシーバーの二人の体勢が整ってから開始されるものとされています。
よく、
「セットしてから」
とか言葉を聞きますが、セットする必要はまったくなく、サーバーとレシーバーの準備が完了すればサーブをしていい状態となります。

サーバーは準備が整ったからサーブを打つので問題はありませんが、難しいのはレシーバー。どの行動で「準備していた」とみなすかと言えば、それは

「サーバーが打ったサーブに対してレシーバーは、反応すれば準備していた」

という事になります。
ならば、相手が顔を上げた瞬間にサーブを打ち、相手をびっくりさせるという方法があります。びっくりするということは、反応したと言う事になります。つまり、サーブが成立してしまうのです。

× 相手が顔を上げた瞬間にサーブを打つ

成立するのに何故駄目かと言えば、ここではマナーのお話だからです。戦略ではよくてもマナーとしてはあまりよくありません。

○ 相手が構えているのを確認して、一呼吸してからサーブを打つ

これぐらいの余裕を持ってプレーしましょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ルールとマナーはぎりぎりのところで成り立っている事もあります。ルールに書かれていないマナーを気にしだしてしまうとキリが無いかもしれませんが、相手の事を考える余裕が持てるといいかもしれませんね。