治らない弱点、打破するには?


なんで治らないのか、レベルの上がった選手からみたら「なんでできないの?」というところで躓いている選手がいるわけです。それを治す為の練習メニューを考えても、それでも身にならない。

やはりセンスなのでしょうか。。。

といっても「あんたセンス無いから知らない」と言えるわけも無く、いろんな手段を試しているのですが、ここにきてようやく前に進める何かをつかめたような気がします。気のせいで無い事を祈ります。

自分で変われない選手には、外から刺激を与えてでも変えていかなければならないんですね。



・・・・・・・・・ん?



「外からの刺激」は体罰では無いですよ。練習方法とか、体の使い方の変化とか、そういうアドバイスの事と理解してください^^;


その刺激が、ようやく体の中にまで響くものが、その選手に合った、変化する手段が見つかったような気がします。これからしばらくは、その選手はその変な手段を練習中ずっとやり続けるんだろうなと思うと、若干ニヤニヤしてしまいますが、そこは弱点克服の為がんばってもらうことにします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

良くなってくれる事を祈ります。