プレーの「幅」について、何も書いていなかった事に気が付きました。



プレーの幅を広げましょう。

という話はいたるところで聞くと思いますが、「幅」とはなんでしょうか。


簡単なところでは、ラウンドからはストレートのクリアしか打てません。というところから、リバースカット、ストレートスマッシュ等選択肢を増やす事を「プレーの幅を広げる」と考えていいでしょう。

幅が広がれば、相手は次のショットが読みにくくなり、出足が鈍り、良い位置でシャトルを打ち返す事ができなくなります。

幅が広がると言う事は、それだけプレーに余裕があるという事にもつながります。いろいろなショットが打てるわけですから、相手の状況を見ながら相手の苦しいところへ返球する、というプレーは余裕が無ければできません。常に余裕を持ってプレーする為にも、幅を広げる練習は怠ってはいけません。


相手によってプレーを変える事ができるのも「幅」が広いということになります。
例えば、上がったらスマッシュ、前はヘアピン、というプレーで押し切る事ができる実力があっても、相手がそれに対応してきたらどんなに実力があっても苦しい展開になるはずです。自分のプレーを生かす為に幅を広げ、相手にある程度合わせながらプレーを変える、これも幅を広げて戦う事になります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

楽に勝つ、確実に勝つ、相手を苦しめる、単純な実力以上のものが、幅を広げる事により可能となります。意識的に複数のショットを使い分けつつ、いろいろな戦い方ができるように練習してみましょう。