自画自賛、ですな。

こんなこともあるもんですね。もうスマッシュコースが思い通り。
特に右サイドへのスマッシュはプレーの生命線なだけあって、どの練習でも狙うのですが、今回の練習ではぴったり思った所へいってくれました。

むしろ、思った落下地点よりも、何故か手前の厳しいところに落ちてくれて、嬉しい悲鳴と言うやつです。



おそらくは、足の感覚が良かったからではないかと考えてます。今日のコートは若干滑ったので、つま先というよりは、足指の体重のかかり具合に集中して動き出していたので、その思考がいい方向へ進んだのではないかと。

上半身の感覚は、もしかするといい方向へ進み切っているので、下半身でコースを固定して上げられれば、同じような感覚が得られるのかもしれません。最終的には意識せずにそれができればベストですね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

やることいっぱいありますが、先の大会に向けて、できることやってきっちり仕上げたいと思います。