世の中には優先順位というものがあってですね。。。



何度か書いたように、私は散々「腕を振るんじゃない、ラケットを振るんだ」と言ってきました。腕振りではなくラケットの加速を最優先するようなスイングを目指してほしい、そう考えていたのです。

でも、それよりもまず、

「インパクト最優先」

これを考えなければ、ゲームではまったく意味がありません。まずラケットで、スイートスポットでシャトルを捕える事を真っ先に考えてプレーしなければならないのですが、これをスイング最優先で考えてしまう選手がたまにいます。

インパクトを考えずに振る事で、フットワークもおろそかになり、振り遅れによるインパクトのずれも発生します。羽根が飛んできた瞬間に、インパクトから逆算してスイングしなければならない事を、決して忘れてはいけないのです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


そのシャトル、スイングできますか?その余裕がありますか?無いなら当てるだけでいいんです。振らずに当ててコントロールする、その技術と判断力を磨きましょう。