結局バドミントンってこういうものなのでしょうね。



注:右利きの場合です・・・。

オーバーヘッドストロークで、スイング後右足が出ない選手。意識的に右足を踏み込む練習を繰り返します。

では、腕だけ振ってしまって右足が出ているけど腰の捻転が使えていない選手にはどうする?と考えた時、右足を出させない練習を繰り返します。


オーバーヘッドストロークで右足を出すのが正しいのか、それとも出さないのが正しいのか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



どっちかが正しいではなく、どっちでもいいではなく、どっちもできるようになっておきたい、といったところでしょうか。バドミントンには非常にこういった考え方が多い気がします。あまりに不確定なシャトルの軌道、テンポ、縦横高さの3次元に時間軸も加わり、それが複雑に重なり合って、正しいフォームを使いきれないプレーの方が多いのでしょう。


もしここで一つの正解を出すとしたら、腰の捻転を使えているかどうか、と言いたいところですが、それすら正しいとも限りません。この情報だけでは、時間軸、「シャトルに間に合わない」状況の可能性があり、その場合は腰の捻転すら使えず、さらに運動の範囲が狭まっている可能性があるからです。腰の捻転すら使えない状況なのに、足を入れ替えて腰を捻転させて打て、と言ってもそれは不可能。


万全な体勢で頭上にシャトルが上がり、それをできるだけ速いスマッシュ、もしくは遠くへクリアを打つ、こう説明できて初めて、左手を上げつつ半身になって腰を捻転させて振り込む、こういう基本的なプレーが可能になります。基本練習として、こういったフォームを身につける事は必要であって、これは体に覚え込ませなければなりません。

ただ、ゲーム練習に近づくとそうもいっていられない場面の方が遥かに多く、腰だけを捻転させて羽根を打ち返す方法、打点を下げてクロスカットを打つ方法、厳しくても無理やり足を入れ替える方法、回内だけでシャトルをコントロールする方法、その他基本を使えないプレーが急増します。

基本を生かしてゲームに応用できる選手、基本に忠実になりすぎて羽根を打てなくなる選手、様々ではありますが、それらを含めて見てあげる目を指導者として身につけていきたいものです。