練習しても無駄、ってわけじゃなくてさ。




ハイバックは諦めが肝心です。

何を諦めるか、が大きな問題となるわけですが。



「ハイバックでクリアを奥まで返すのを諦める。」

これが一つの方法。打ち慣れていないんだからきっちりとストレートドロップをコントロールする練習をした方が手っ取り早い。
私はこれも正解の一つだと思っています。


正解の一つということは、まだ正解があるということ。



「フォアで打ち返すのを諦める。」


簡単に言えばハイバックで打つということなんですが、ラウンドでの返球に未練をもっていると、苦しい体勢でしかハイバックで入る事ができなくなります。そうなると、ますますハイバックに苦手意識を持つ事に。この苦手意識克服の為にも、少しは楽な体勢の時から早めにハイバックを選択するようにします。

外から見ると「ラウンドで入れ」と怒鳴られるかもしれませんが、ハイバックをきっちり打つ練習だと考えれば聞き流す他ありません。少し楽な体勢でハイバックを打ち返せれば、繰り返すうちに徐々に厳しい体勢でも打ち慣れる事ができます。いきなり実用的な、ラウンドでは不可能な厳しいコースのハイバックばかり練習していても、苦手意識が溜まるだけでいいイメージがつかみにくいかもしれません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


いいイメージはそれだけでもバドミントンを楽しくするはずです。いいイメージを掴む為には?と考えながら練習してみてもいいでしょう。