以前は、手投げノックのメリット、デメリットで記事書かせて頂きました。今回はあまり関連はしてませんかね。



ジュニア選手のノック練習、どのクラブでも行っていると思いますが、最大のメリットは、

「ミスしても練習が続く」

という点でしょう。初心者の選手は特にミスが多く、選手同士で打ちあいをしててもラリーが続かず、シャトルを打ち返す絶対的本数が少なくなります。羽根を数多く打つ事は成長の近道でもあり、このメリットはとても大きいものと言えます。

「スピード練習に優れている」

これもノックならでは。ありえないテンポでのノック練習は、特にダブルスには効果を発揮します。レベルが上がれば上がるほどラリーテンポは上がり、それについていく為にはそれ以上のテンポで練習しなければなりません。その為にもノック練習でのスピードアップは必要不可欠です。


では、デメリットは?


「羽根の行き先への注意が低くなる」

ミスしても打ちだされるシャトルは、時にデメリットになります。羽根を打ち返すことだけに集中しすぎてしまい、その羽根が相手にとってどれだけ有効なショットなのか、この理解度はパターン練習に比べて大きく低下します。相手がいない練習ではネットを超えたかどうかだけの認識ぐらいしか備わらず、どんなに選手に注意したところで、相手がいる練習にはかないません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ノック練習はジュニアの軸となる練習だと思います。メリットデメリットを理解し、足りない部分をしっかり補えるようにしていきましょう。