右利きなら壁に対して左側を向いて、ラケットが外へ回らないように矯正する素振り。



メリット
ラケットの外振りを矯正できる。

デメリット
ウエスタングリップに注意しなければならない。
肩支点の振りになる。


ひとまず、デメリットには注意。壁に気を取られるあまり、バッティングセンターのピッチングマシーンのような動きになってしまう可能性は気にしなければならない。

フラットのショットをカットしてしまう選手には有効だったりするが、ウエスタングリップで正面打ちの選手には逆効果というか、効果は無い。あまりに打点が低く、横へ振り回すようなスイングの選手には効果が高いと思われるが、ウエスタン→正面打ちに移行してしまわないように注意したい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ