一長一短はありますが。



フットワークがバタバタになってしまう選手には、スキップのリズムで羽根をおっかけると良くなるかもしれません。

まず、スキップのリズムのフットワークの最大のデメリットは、フットワーク自体が遅くなる事です。体が上下に動き、ぴょんぴょん跳ねるわけですから、決していいフットワークとはいえません。

ただ、スムーズにできない選手、バランスが悪い選手、体重移動が苦手な選手には、延々とスキップのリズムで足を動かすイメージを作らせてもいいような気がします。

トントトントポン、トントポン、トントトントポン

書いててなんですが、すっげーわかりにくい。。。。。。

ま、とにかく、動き出しを「トント」にするだけで少しはマシになるかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


いろいろ試す場合の一案として御一考ください。