バドミントンではどう攻めますかねー。



野球のホームラン時の外野手の「一歩も動けない」・・・諦め

明らかに追っても届かない、ホームランが明らかな時の外野手の行動。このホームランがどれだけ凄いのかを示しているようにも思う。

バドミントンだと、早いタッチで速いショットで追い込み、空いたスペースに打ちこんだ状態。相手は体勢が崩れたまま追えない状況。攻めきる、とはこういう感じなのだろう。ラリーでは終始優位に進めつつ、きっちりと速いショットで決める。

サッカーの得点時のキーパーの「一歩も動けない」・・・予想外

え?そっち?というキーパーの思考が伺える。体重が逆足に乗っている為、ボールに対して足を出す事ができない。

バドミントンだと、フェイント、ディセプション、その他虚を突くプレー。相手の思考に無い配球は足を止め、エースを取る事が出来る。この状況を作るには、相手の状態を観察し、オーソドックスなプレーを理解しつつ逆を行ければいい。




書いてみてなんだけど、野球の場合は内野手の横を抜けた速いゴロ、内野手は飛びつけない、という方が近いのかな。まあ同じ得点として、無理やりこじつけてみました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ