以前についてちょっとだけやりましたが、少し違う感覚です。




右利きにて説明。
右側ネット際を、右から左側へスピンをかけます。その時、面を真上から少し右側に向ける事による、スイングと逆方向のストレートから若干右側へスピンネットを打ちます。名前は、リバースカットから。

コツとしては、ほぼ体正面でシャトルをとらえ、体を左側へ向けておく事。これにより、相手は左方向のクロスネットに反応します。面をしっかりと見てくる相手でも、体の向きで少しだけ遅らせる事が可能。ラケットを高い位置からすくいあげるように使うと、さらにフェイント効果が高まります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

面の角度には若干コツがいりますが、それさえ覚えてしまえば比較的難しいショットではありません。ただ、打点はどうしても下げる事になるので、相手が突っ込んでくるような場合は控えた方がいいでしょう。相手を見ながら、前に詰めてこないようならこれで勝負できるはずです。

最初はストレートに返球し、徐々に右側へ羽根を飛ばせるように調整できれば、ゲームでの利用にも近づいてくるのではないかと思います。