結局、確率の問題。




素晴らしいスマッシュを打つ力があったとしても、それが10回中9回しか決まらないのと、ちょっとだらしないスマッシュだとしても、100%の確率で打てるのならば、後者の方が良い、とたぬ吉は考えます。

レシーブではそれが顕著に出るもので、活きのいい若者のスマッシュを打っては見るものの、思った所とずれるずれる。返せるショットは返せても、返せないショットもある。これじゃだめなんですよね。

レンホウ「2位じゃだめなんですか」   だめなんです。

返せると思ったシャトルは100%思い通りにコントロールしなければ、それが失点に繋がってしまうのです。レベルが上がれば特にそう。返せないならしょうがない。でも返せるならそれはきっちり返さなければ意味がない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

この100%に近づけるには打ち慣れないと厳しいものがあるんですよね。しばらく大会無いから、と思ってたら、10月は3回程試合に借り出せれているんでした。


どうしましょうか。。。