将棋に近い、と私は思っています。





前衛にいるときに考える事は、

パートナーがスマッシュ

・ストレートドライブ
・クロスドライブ
・ストレートハーフ
・ストレート前
・クロス前

パートナーがドロップ、カット
・ストレートヘアピン
・クロスヘアピン
・・・浮いた時はプッシュ


今書いてみて感じたのは、ドロップの方が選択肢が少ないんですね。ゆっくりなショットなのでリスクは高くなりますが、前衛に優しいのはドロップ系のショットになるんですね。
ここでロブが無いのは、ロブは後衛が処理する事になるからです。前衛はそこまで考えません。

前に説明済みかとは思いますが、パートナーからドロップが打ち出されれば、前衛は前に詰めます。上記のとおり、待つのはヘアピンのみ。そのドロップが浮いたら終わりですが、しっかり打たれたドロップならヘアピンを潰す為だけに動きます。



スマッシュの時は選択肢が増えます。ここが駆け引き。

前衛を見ない選手は、ほぼストレートドライブ、クロスドライブをスマッシュコースで打ち分けます。ショートリターンは少なめの場合が多く、こういう相手の時は駆け引きよりも遥かに読みやすく、前衛でも止めやすくなります。

ですが、こういう選手は確率で打ち分ける事が多いように思います。ストレートを多く止められればクロスリターンというように。レシーブフォームを見て対応しましょう。

では前衛を見て打ち分ける選手の場合。

ストレートが空いていればストレートのショートリターンやストレートドライブ、クロスが空いていればクロスショートリターンやクロスドライブ。このような相手は、あえてストレート側を空けて、相手がコースを決めた瞬間にストレートに飛び込みます。タイミングは相手のラケットの始動ぐらい、もしくはスイング体勢を整えた時でも早くはありません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

相手からのショートリターンの後、プッシュにいければ問題ありませんが、プッシュにいけなかった時は、攻めを続けたいならヘアピンやハーフ、無理ならロブで守りに回ります。この時相手が前に詰めてくる様子が無ければヘアピン一択です。
相手が前に仕掛けたという事は、相手が詰めてくる場合もあります。この瞬間が、相手も攻めにきている、そしてこちらも攻めを続けたい、それがネットを挟んで交錯している時間になるのです。

フェイントかけてクロスヘアピンをもっていくか、最速でストレートヘアピンを打ちに行くか、最速クロスヘアピンで相手を振るのも一つの手です。ちょっと高い位置で触れたならドライブやハーフの選択肢もありますが、この高さ判断も間違えると相手のプッシュやスマッシュを受けてしまいます。ここの駆け引きはドライブ程のスピード感はありませんが、最も短い距離で行われる凌ぎ合いになり、相手を見ての素早い判断力勝負になります。

攻めきった方が正解であって、諦めてロブで逃げた場合も正解。この勝負での負けは、このやりとりでポイントを奪われる事です。諦めてロブを上げる事も頭に入れながら、どうやったら攻めることができるのか、前で勝負できるのか、ギリギリまでいくことを楽しめると、前衛がより楽しくなるでしょう。