ギャンブルプレーでありながら、その確率を上げられる方法です。




高く奥へ上がったらサイドバイサイド、です。
でも以前から言っているように、スマッシュが来るからサイドバイサイドになるわけであって、こなければ前に詰めた方が有利になります。

ロブやハイクリアで前に詰めるには、根拠が欲しいところ。

ここでは打とうとしている相手をよく観察します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

高く上がれば上がるほど観察時間は長くなりますが、スマッシュを打ちに行く時とそうでない時、明らかに羽根の待ち方が違います。どう違うかはその選手によって変わりますが、良く見れば強打とそうでない時の力の入れ具合が違うはずです。

最も多いパターンは脱力。あれ?と思うほど力がぬけていたり気持ちがぬけていたり、そんな様子が感じられたら相手が打つ前に前に詰めてみましょう。

高く上がれば上がるほど相手は自分たちを見る事ができません。失敗してもパートナーがいます。思い切って突っ込んでみると違った世界が見えてきます。目指せドロップのプッシュ!