何本も。





スマッシュをゲームでサイドラインめがけて打ち続けてみました。

・決まる場合
2発目、3発目と続くにつれレシーブが遅れてくるタイプ。

・しっかり返される場合
コース、スピード共に変わらない為、一度返せればいくらでも返せる。おそらくレシーブ体勢を取るのが早いのだろう。

・早々にコースを変えてくるタイプ
前に逃げるよりは、クロスに大きく逃げてくるタイプが多い。2球目でのコースチェンジが多い。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ラケットを振り回して打っているので体力の消耗はほぼ無し。延々と打ち続けられるのがコントロールスマッシュのいいところ。魂がこもって無いので押し切る事は難しいw

レシーバーによっていろんなタイプがいるのも面白い。本番の試合だったら、と想定しながらあえてサイドラインにスマッシュを打ちこむのがこれの面白いところです。挑戦してみましょう。