経験則を必死に言葉にすると、こうなるようです。





相手が右利きの場合。
後方からのハーフスマッシュやドロップ、もしくは前衛からの長めのヘアピンやドライブストップを想定。

コースは自分から見た位置を示しています。

左サイドライン
相手フォアで処理。大きくテイクバック、もしくは打点を少し遅らせたのを確認したら、左側ストレートのみを想定し、ラケットを出す。派手にいくなら飛ぶ。

中央左側
相手バックで処理。ラケットの移動タイミングが早ければ左サイドを張る。タイミングが遅い場合は、右サイドネット前の可能性もある為大きい動作はしない。ショットを見て対処。

中央右側
相手フォアで処理。ラケットの移動タイミングが早ければ右サイドを張る。タイミングが遅い場合は、左サイドネット前の可能性もある為大きい動作はしない。ショットを見て対処。

右サイドライン
相手バックで処理。大きくテイクバック、もしくは打点を少し遅らせたのを確認したら、右側ストレートのみを想定し、ラケットを出す。派手にいくなら飛ぶ。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


2つのポイントとは、相手のラケットの初動が大きいか小さいか、ショットに対してタイミングが早いか遅いかがわかれば、ほぼコースは限定できます。これを見越してのフェイントもあるにはありますが、いいショットが行けばいくほどフェイントの可能性は低くなり、読みが当たる可能性が高くなります。

特に相手のラケットの動きが大きければチャンス。ネット付近への配球の可能性がぐっと減る為、例え予想が外れたとしてもリスクはほとんどありません(後衛が処理する羽根になります)。思い切ってコースを潰しにいってみましょう。



ただ、言葉にできない前衛の読みがまだあるような気がしてなりません。プレー時はこれだけじゃないような気がします。言葉で説明できるように考えながらプレーしてみたいと思います。