初級〜中級者向けのお話。




中級者ぐらいまでの選手に非常に多いのが、

・スマッシュを速く打ちたい
・レシーブ、クリアが奥まで返らない
・フットワークを早くしたい

といった、一つ一つのショットの精度を上げる希望を持つ事です。
劣っている部分を上げようとするのは間違ったアプローチではありませんが、試合で勝つ為にはと考えた時、特にダブルスで点数を取ろうとした時に果たしてその目標がどれほど役に立つかと言えば、なんとも言えない部分があります。

ショットの精度を上げると結果的に点数には繋がるかもしれませんが、ある程度できるレベルになってきたと考えるなら、点数を取るプレーを練習していかないとゲームで勝つ事はできません。ダブルスでは、その最も最初に取り組むべき課題が、サービス回りになります。

サービスからの3本、このラリーを有利に進めれば、得点に直結します。相手のスマッシュが速ければ打たせないでラリーを終わらせられますし、いくら自分のスマッシュが速くても、これを怠ればスマッシュを打つチャンスすら回ってきません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

上級者でもダブルスが苦手、という方はもう一度サービス回りを見直してみてはどうでしょうか。ポジション取り、タッチスピード、サーブの角度や高さ、頂点の位置、ショットのスピードやコースの選択、これらの見直しにより浮き出た課題を反復練習で修正し、また見直す。このような作業は、上達を目指すプレイヤーは練習に取り入れていくといいのかもしれません。