サーバーがファーストタッチなので、相手のサーブレシーブを打ち返すのが3球目ですね。




まずはサーブ。私の考え方の基本は、サーブに関わらずいかに相手にネットよりも下で羽根を触らせられるかだと思っています。ですので、サーブもできるだけ相手にネットの下で触らせる事を心がけます。

もし相手にロブを打たせる事が出来たら、1球目にして優位になることは達成されました。いいサーブがいった証拠です。

ただ、なかなかこううまくはいきません。大抵がプッシュ、アタックロブ、ドライブ、ヘアピン等で攻められる事が多くなります。この相手からの2球目をどう攻めに繋げるかを考えて、ペアで集中していかなければなりません。

サーバーは、ヘアピンに対してはプッシュにいけるように準備することは必須です。これを簡単にロブで返球してしまうようではサーブ回りを優位には立ちまわれません。サーブをヘアピンで返球することは、サーブレシーブ側にとっては非常に楽です。足も動かさず前に運ぶだけですから。これをプレッシャー無くさせてしまうのは、ゲームの展開にも響いてきます。

プッシュ、アタックロブ、ドライブは、全てサーバー付近を通って自分エンドに向かってシャトルが飛んできます。ここはとにかく集中するところ。シャトルが近くに存在する以上、どんなスピードだろうと必ず触る事ができます。タイミングさえ合わせる事が出来ればこのような相手からのショットは触る事ができるはず。まずはネット付近で速い羽根にタイミングを合わせる練習から始めてみましょう。

この時後衛ですが、ロブを上げさせれば目的達成なわけですからロブは考えません。プッシュ、アタックロブ、ドライブに対して、いかに攻めの形を作れるかはシャトルをどこで触れるかにかかっています。エンド付近で返球しても相手有利のショットにしかなりません。できるだけ前で、よりネットに近い位置で返球できるようにポジションや触り方を工夫してみましょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


何度も記事にしてみた内容ですね。次に書く時はもっとわかりやすく書けるようになっているといいのですが。