レシーバーからの3球目。サーブレシーブ→相手リターンの次までってことですね。




サーブからの3球とどちらが難しいかはどんなプレーをするかによって変わるかもしれません。

サーブからの3球目の最大のメリットは、自分のタイミングでスタートすること。自分の感覚でシャトルが動き出す事は、例えサーブのような下からのショットだとしても集中力であったり準備であったり揃った状態から始められます。

レシーバーからの3球目のメリットは、サーブという不利な状態からの羽根を打ちに行ったところから始まれる点。これに尽きます。相手が若干不利な状態であることは間違いないので、この有利な状態を維持しつつ、いかにしてこれを点に結び付けるかがこの3球目までの重要ポイントとなります。

有利に立つ為には、この1球目のサーブレシーブを、
・ネットに近い位置で触れる
・できるだけ高い位置で触れる
・触れた後は浮かせない

そして、これらを点に結び付ける為の最大のポイントが、

2球目(相手のリターン)までに次の準備を終了させる

これをしなければ、いかに1球目で優位に立ったとしても一気に逆転されてしまいます。ここが勝負どころ。テンポが一気にあがりタイミングが難しくなりますが、だからこそ準備をしっかりできるようにしましょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

どんなに速かろうと羽根は存在します。だったら触れるはずなんです。