まず最初に、ダブルスよりはかなりリスキー。




パートナーのいないシングルスでは、サービスからの勝負はリスクが大きくなりますが、それも攻める姿勢と使い方では有効なアタックとなります。

特に男子シングルスでは脚力とアタック力を生かす為にショートサービスが主流。受身のロングサービスよりはラリーが組み立てやすくなるので先をイメージしてサーブを出せるように心がけます。

サーブ→ヘアピン
決めるプッシュがベスト。サイドへのヘアピンなら相手の出足を見てクロスヘアピンも有効。アタックロブを出すなら、相手のタッチが遅れるように打ちださないとリターンでエースを取られます。
これらが無理なら高いロブでラリーをしていきます。

サーブ→アタックロブ
これを最も警戒してスマッシュ勝負。できるだけ早いタッチを目指して相手が構える前に打ちこむと相当有利になりますが、打つまでの時間がかかるとスマッシュは一気に不利に。ドロップやカットで時間を取るか、クリアでラリーをしていきます。基本的にはこの形で攻めたくなる事が多いので、このアタックロブを潰す事でサービス回りは相当有利に展開できるはずです。

サーブ→ロブ
ロブを上げさせればその時点で目的は達成ですが、それでも相手に簡単に上げさせる形を作ってしまうのは考えもの。上げたらやられるというイメージを作っておくためには、強打と早いショット(クロスカット等)、ドリブンクリアで確実に崩します。精神的にも楽をさせない為にはハイクリアでの逃げはできるだけ選択肢から除外していきたいものです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


サーブで攻めるとなると、このような考え方になります。相手によってはラリー本数を増やした方がいい場合もあれば、あえてスマッシュを打たせるという事も有効だったりします。一つの手段として、ショートサービス3本目勝負を試してみてください。