よく聞かれるんです。




「何故そこにいるんですか?」

と聞かれた時の答えは、

・羽根がここにくるから
・ここで羽根を触ると有利になるから

だいたいこんな感じになります。

自分で言うのもなんですが、ロブをあげたらサイドバイサイド、スマッシュ打ったらトップアンドバックという考え方には若干違和感があります。

何のためにそこの場所にいるのか、それをもっと考えていけば、いわゆる二等辺三角形すら否定してしまうかもしれません(別に否定はしませんが)。

私の基本的な考え方は、スマッシュをレシーブする為にサイドバイサイドになる、それ以外は前に入るという単純なもの。レシーブするのが厳しいスマッシュが来ると思う時以外はとっととパートナーをほっといて前に入ります。
それ以外は、シャトルがきそうな場所へ移動していきます。予想が外れてもパートナーがなんとかしてくれるものです、たぶん。

そのスマッシュですら、前でレシーブする事が可能だと判断すればネット前でレシーブしたっていいと思うのです。わざわざ下がる事もないし、前で触れば触るだけ有利になると考えるなら、ネット前に積極的に詰めるべきではないかと思うのです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ダブルスの失敗はパートナーがなんとかしてくれる、そう考えて、もっともっとアグレッシブに、好き勝手にポジション取りをしています。成功する確率を増やしていけば、ただそれだけで問題は無くなるはずです。