え?ってことです。




ポイントを取るには、

・相手のミス
・自分のショット

大きく分けてこの二つ。実際はミスがエースショットに繋がったり、エースショットが相手のミスを誘ったりと様々に交錯します。

この、自分のショットでポイントを取るのに「意外性」という考え方を持ち出してみました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


真っ先に思いつくのは「コースの意外性」。

体勢やスイングから、相手が思いつかないコースへの配球によるものです。例をあげると、ラウンドからのクロスカット、ネット前でプッシュに行くと見せかけてのヘアピン、等です。
ラリーをする為にはシンプルに、確実に、安全にシャトルを相手コートへ打ち返していきますが、点数を取る為にはそれだけではなく、変化が必要です。その変化も独りよがりではなく、相手が出来るだけ思いつかないコースへ打ち返す事によりポイントに繋がります。


そして次は「タイミングの意外性」。

振りかぶってスイングしてインパクト。これが通常のスイングから放たれるショットですが、フットワークやジャンプを駆使して、相手の想像よりも早いタイミングでインパクトに持っていきます。相手の思考よりも早くシャトルに触る事により、準備が遅れ出足が遅れます。コース、スピードはシンプルで予想できたとしても、タッチのタイミングに意外性を持たせるだけで相手の返球難度は上がるでしょう。
タイミングを早くするだけでなく、遅らせる事で意外性を持たせることもできます。相手に一瞬でも「ん?」と思わせ、その?のタイミングで羽根を出す事により動きを止めてポイントを取ることができます。


最後に、「スピードの意外性」

フレームショットが取りにくいというのは誰もが感じた事があるでしょう。スイングスピードとショットスピードのずれ、この意外性がレシーブのずれを生みだします。カットをかける、というのも一つのスピード変化です。スイングスピードを急激に変化させることで相手にスピードを読ませないという方法もあります。コース、タイミングはシンプルでもスピード変化によって取りにくくすることができます。



「意外性」を持たせるには、ワンパターンでは少しもの足りません。ポイントが取れる限りそれにこだわるというのも一つの方法ですが、一度のショットに数パターンの選択肢を持たせる技術があれば、相手に「意外性」を持たせる事ができ、ポイントを奪うチャンスが増えるでしょう。