正しいローテーションって、たぶん無いんだろうな。全て結果論。




例えば、

「相手のスマッシュを前に落としたんだから前に詰めろ」

との指示があったとします。考え方としてはどうでしょう?私はあっているんじゃないかと思います。前に落として相手が下から入るようなそぶりをみせたのなら、次のショットはヘアピンかロブ。なら、トップアンドバックでヘアピンを潰しに行って、パートナーには後衛に下がって打たせます

では、相手がラケットを立ててドライブ気味に入ってきたとしたら?
この時に注意するのは前へのストップとドライブ、そして後方へのアタックロブ、ラケットを立てて入るだけでこれだけの選択肢が生まれます。相手の前へのストップなら前に、ストレートアタックロブを読んだのであれば後方へ打ちにいくのも一つの方法ですし、ドライブやアタックロブ等の厳しいショットをパートナーに打ってもらうのであれば前に詰めてしまってもいいでしょう。

ここででてきた3つのキーワードについて説明します。


打たせる
パートナーにしっかり打たせる為にはそれなりの球作りがポイント。しっかり相手にネット下でシャトルを触らせるような配球をする。ポジションを取る時はできるだけ早めに。早く動けば動くほどパートナーはポジションを取りやすくなり、万全で打ちこめる。

打ってもらう
パートナーが格上、ミックスの女性の場合に多用。コースをできるだけ制限するために低めに出す事を心がけつつ、多少のドライブリターンが予想される場合でも積極的に前に詰める。むしろ、前衛が抜ける事を前提に突っ込んでもいいだろう。抜けるとわけっていればパートナーは対処しやすい。ポジション取りはとにかく早く。自分が打つ事を無視してでも早めにポジションをとる。

打ちにいく
パートナーが格下、ミックスの男性の場合に多用。パートナーに強い羽根を簡単にだされないようにコースと球速には注意したい。ポジション取りのタイミングは待ち。パートナーが突っ込んでくれれば後ろにまわるし、動かなければカバーリングも頭に入れながら相手の羽根を確実に打ちにいく。自分が羽根を打つ為の配球をし、次の羽根を打つ為にポジションをとる。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


このように、ポジションの取り方は相手やパートナーによってガラッと変わってくるのです。正しいポジション取りは、あえて言うなら点数を取れたポジション、エースを取られなかったポジションが正解。結果論でしか語る事はできません。正解を多くする為には、良いパターンと悪いパターンを経験で覚え、多種のゲームをこなし、いろんな相手、パートナーを経験すること、ぐらいしかないのかもしれませんね。