練習カテゴリは簡潔にいきますかね。




オールショートは、最も体力的にきつい練習の一つということは皆さん十分に体感しているのではないかと思います。ダブルス後衛用のオールショートもきついのはきついのですが、疲労具合はちょっと違う感覚になるはず。

基本的にはオールショートです。球出しは、高いロブの他、低いロブ、ドライブも積極的にだしていきます。特にドロップが甘く入ってきたら球足が長めのプッシュをだしていきます。
前への配球はせいぜいショートサービスラインまで。基本的にはドライブ系を多く使い、ハーフコートでテンポを上げて左右に振ります。動かされる側のポジションが後ろに下がりきっては効果が半減なので、短めのドライブもだしていきます。

動かされる側は、高いロブは軽めのスマッシュ、ドロップの選択は相手からプッシュがくると考えて少なめに。ハーフに来たドライブには弱めのドライブで対応します。ネット際は無いものの前への羽根にも対応するので、できるだけ中央付近へ戻る事も忘れずに。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


普通のオールショートと大きく違うのは配球のテンポです。足はほぼ動きっぱなしになるので、内臓をやられる普通のオールショートと違い、足が生まれたての仔馬状態に持っていくことができます。メインの練習か基礎打ち程度でやるかで時間や本数を調整し、練習強度を変えるといいでしょう。きっちりやればオールアウトまで持っていけますし、足を早く動かす確認練習程度の強度にも調整できます。

球出しにも少し技術がいりますが、こちらはダブルスの前衛練習と考えて、できるだけ高い位置、ネットの近くで触れるようにして見てください。特に、ハーフスマッシュ後のボディアタックは、球出しにも、動かされる側も練習になるでしょう。