やってみました。

早速悪い例と良い例にはっきりわかれるたのが面白いところです。

悪い例として

・筒をシャトルに対して押してしまう
・筒を持っている手を動かしてシャトルを入れにいってしまう


この練習のコツは、一番シャトルを筒にいれやすい場所に構え、その位置から筒(筒を持っている手)を動かさない事。低い位置なら体勢を低く、左右に動けばフットワークで体を動かしてシャトルを捕えます。

ここで筒を動かしてしまう選手は、シャトルを前では無く横で見てしまう事になり、そうするとシャトルとの距離感の把握が困難になりミスしてしまいます。リストスタンドしてシャトルを打ちにいく事もできず、ラケットで楽をしてしまう事に繋がります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

顔の前でシャトルを捕える。その為に足を動かし体を動かす。この基本的な行動をする為の練習といってもいいでしょう。気分転換にも含めて、いいタイミングでこの練習を挟んでみると良さそうです。