事もある。




集中力だったり態度だったり、そういったものはバドミントンの技術を教えるよりも遥かに難しい。その選手個々のポイントを掴みつつ、くすぐりながら練習しなきゃならないのは、時間もかかるし気も使う。よっぽど怒鳴りながらあおった方が楽というものだ。

褒め方だって選手次第だし、叱り方も注意の仕方も選手それぞれ。人数が増えてしまったらそこまで気が回らなくなってしまうだろうな。もし総監督のような統括する事が仕事ならそんなこともできるんだろうけど、ノックを出しながら注意しながら隣のコートも見ながらなんてやってたらそこまで気が回らない。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

できる範囲は限られるが、時には深く、時には浅くなっても広く見なきゃならない時もある。前回は深くいってみたけど、次回はもっと広くいくべきかもしれないな。