ヘアピン練習でどれだけ集中できるか、です。




羽根がラケットに当たる瞬間をどれだけ意識できるか、それだけで1球の重みが変わってくるはずです。

ヘアピン練習ははっきりいって楽。フットワークを入れればそれはそれは厳しい練習に早変わりしますが、基礎打ちのヘアピンは一番楽な練習です。楽ならば、違うところに神経を使います。頭を使うのはもちろんですが、私の場合は指先、肩関節、肩甲骨。これらを駆使して、ネットに落とすようなヘアピンを目指していきます。

この、自分の体の感覚は人それぞれかもしれませんが、うまくいかない場合は違う関節や利き手と逆の手を意識してみたりしても面白いと思います。これだけ静かな練習はヘアピンしかありません。このヘアピンでしっかり自分の体と語る癖を付けると、他のショットでも生かす事ができるようになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

単純な練習内容としては、例え反面でもクロスを有効に使いましょう。スピンとクロスを組み合わせる事で様々なヘアピンを打つ事ができます。相手にとってもそれは同じ。どんどんネットにシャトルを絡めて、繰り返し羽根を出しながら数をこなしていけるといいんじゃないかと思います。