今風の考え方から少し逆行はするものの、やはり基本は下半身の安定。




あくまでなんとなく、下半身が安定しないなぁという選手には、試しに肩幅以上に足を開いて構える事を義務付けてみましょう。立ち方を見て安定しない選手は一歩目も遅く、フットワークスピードも遅い傾向にあります。ノックで羽根の位置が決まっている場合には特に問題は無いものの、ゲームやランダム性の高い練習になると途端に体が動か無くなってしまうように思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

といってもこれはあくまで選手に感覚を覚えさせるための手段。トナミ佐々木選手が「重心を高くして羽根までのスピードを上げる」という練習をしているように、実際重心はある程度高い位置からの方がスピードは上がるようです。ただ、これもできる選手の練習や考え方であって、重心が高いだけの選手はプレローディングの感覚もおそらく掴めていないことが考えられます。膝へのプレローディングを手っ取り早く覚えるにはショットに合わせてのジャンプになりますが、その時の重心が高いとそれですら下半身の安定を奪う場合があるようです。

昔ながらの練習で、下半身を下げる為にスタンスを広げる、そして感覚を掴むためのプレローディングをジャンプで行う、これらで一通りの感覚を覚えてから、重心を上げ、ジャンプしないプレローディングを覚えていく、というのも選手にとっては一つの方法と言えるでしょう。