雑記、ですね。




「バットの芯て・・・」 なんJPRIDEより

バットの芯とはなんなのか。バッドスピードを考えるならば、先端が一番早いはず。という疑問の元、なんとなく話が進んでいっています。
途中私もまったく理解できない話になりますが、最後、

「バットの重心」

という話が出て納得いきました。
バットの重心が先端ではなくいわゆる「芯」の部分にある為、そこで捕えた方がボールにより力が伝わる、と言う事とです。なるほどね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

バドミントンラケットの重心は残念ながらスイートスポットではなく、だいたいがシャフトにあります。シャフトのフレーム側にあればトップヘビー、グリップ側に重心があればトップライト。

そう考えると、スマッシュスピードを上げるにはトップヘビーのラケットを使った方がいいというのにも納得できます。スイートスポット、いわゆるストリングの反発を最も強く使えるのはフレームの中央であって、そこに重心が近いのはトップヘビーのラケット。シャトルに力を伝えるには、スイートスポットに重心が近いラケットの方がより伝えやすくなる、と言う事でしょう。

重心の位置と重さ、インパクト時のスイングスピードがうまく組み合わさってスマッシュのスピードが出てくる訳ですね。難しい。もちろんバドミントンはスマッシュスピードだけではないのでこれだけでラケットは選べませんが、ラケットを購入する前にもう一度、そのバドラケを調べなおしてみるのもいいでしょうね。