ふと、考え込む事がありまして。





前衛ができるできない、といった議論はよく聞いたりします。ダブルスが苦手と思う人の大半は前衛が苦手な事が多いようですね。

ジュニアを見ていると、前衛の真横にシャトルが落ちているのに、自分が打ち返すシャトルではないかのごとくスルーする選手もいたり。そうか、これが前衛が苦手な選手の思考なのか、と思った訳で。


とっとと結論いきます。

まず前衛にたって行う事は

「予測」
・パートナーがどこへどんなシャトルを打ち返すか
・レシーバーがどの位置でスイングし、返球するか

次に

「インパクト」
これは相手選手のインパクト。
これが予測通りだった場合、返球は予測通りなので高確率でエースをとったり、優位に立つ事ができます。
多少のずれであればラリーは可能ですが、問題なのはまったく頭にないインパクトをした場合。ノータッチで落とされる事もあるでしょう。

このインパクトは、まず相手スイングから予測をします。このパターンが何パターンか頭に入って待つ事が出来ていれば、ノータッチで落とされる心配はほぼありません。まったくイメージできていないスイングとインパクトをされると、ノータッチになります。

前衛が苦手な人は、おそらく、この相手スイングとインパクトのパターンが経験として頭に入っていないか、もしくは予測することができないと考えられます。羽根を見てから動き出しても、下からのスイングでしか間に合わず、優位に立つ事はできません。上から入るには予測のパターンを増やす事、そしてインパクトの瞬間の判断が必要です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

こう書いてしまうと、経験第一となってしまい苦手なものの克服が難しいとなってしまいますが、実際その割合が高いようにも思います。

ただ、その経験も、積むためには相手を見てシャトルコースをしっかりと頭に入れる事から始めなければなりません。今まで通りでは、経験値とはなりにくいかもしれません。ダブルスの前衛で生かす為の思考を身につけ、経験を積む事で予測パターンは簡単に増やす事ができるでしょう。