テレ朝の深夜にやっていた、超学術的スポーツラボと銘打った番組である。好きだったなぁ。



いろいろやってたんですよ。ホームランの打ち方の裏ワザとか、現役選手によるドラフト会議とか。

その中で、頭脳派ピッチャー編として、小宮山悟氏が出演していた回に、面白い練習方法が紹介されてました。

それは、


「仰向けに寝転がって、真上にボールを投げあげる」

というもの。



目からうろこってやつでしょうか。これって、理想的な腕の使い方をしなければボールが上がらないんですね。コントロールもできないし。

いわゆる回内運動と内旋運動をどれだけうまく使えているか、という事になります。
肘から先にいって、手首、そしてボールが投げ上げられるという順番がほぼ強制されます。強制された中で、コントロールできなければ間違っている事になりるようです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

一度選手にやらせてみると、面白いかもしれません。シャトルだとどうかなぁ。