ちょっとテンションが上がると連稿になるんですかね。




さてさて、先に言っておきますと、私はラケットを短く持ってラケットワークを覚えさせる、という考えでした。
ちなみに、

短く持つ---グリップの上の方を持つ
長く持つ---グリップエンドの方を持つ

が一般的かと思われます。

短く持つ事で、特にジュニア選手はラケットの重さに腕力が負ける事が減り、指先でのラケットの取り回しがしやすくなります。遠心力で強い羽根を打つ事はできませんが、その為にフォームを崩す事は減る、バックハンドも覚えやすい。そう考えていました。

ただ、最大のデメリットとして、羽根を強く打つという気持ちが薄くなってしまうのです。

コントロールしやすい反面、ラケットを使って強打する技術が身に着きにくくなってしまう場合があります。


ですので、無理やりラケットを長く持たせて、ラケットの重さに振り回される事も覚えておかないといけない一つの技術なんじゃないかと思ってます。


最終的には場面によって使い分けられるようになれば一番ですね。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ですので、これに合わせて、例えばジュニアラケットで練習させたり、まったく違う種類のラケットで練習させたりするのも、私は効果があるのではないかと思ってます。試合が近づいてきたらそんな無茶は危険ですが、大会まで間があるのであれば、もっといろんな事をさせてもいいのではないかと。

柔軟性。身につけさせたいですね。