テイクバック インパクト フォロースルー
です。




スイングとは、テイクバック、ラギングバックを経て、インパクト、フォロースルーからなります。
上半身だけではなく、足の入れ替えを使って体を捻転させて、それを上半身に伝えるために全身を使う事になります。

この全身動作、なんの為に行っているかと言えば、ラケットをスイングする為ではなく、全ては

「インパクトの瞬間のラケットのスイングスピードを上げるため」
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

でなくてはいけません。
スイング動作をいくらしっかり練習したところで、インパクト時のスイングスピードを上げる為という大前提を忘れてしまってはまったくの無意味。むしろ、インパクト時のスイングスピードを効率よく上げられるならばスイング動作はプレーによってはどんどん省略していかなければならないのです。


スイングを形から入ると、この大前提を忘れてしまう可能性もあります。インパクトが最重要項目。過程だけ知っていて答えを出せなければそれは間違い。過程を知って答えを出していきます。最終的には、過程をできるだけ省略して答えにたどり着いたっていいんです。過程も大事ですが、答えを出す為に練習を繰り返していきましょう。