切れたので張りなおした訳で。




今回試したのは、
Mizuno ML-70 耐久

7月9日、縦27P横29.5Pで張ってみました。

まず感想。
張上げ時の音がきもい!

ミシミシというかミチミチというか、ストリングとグロメットのこすれる音がなんとも言えず泣きそうになります。ラケットの折れる音にも似てて変に心を削られました。
ストリングのコーティングがヨネックスやバボラと違い、ザラザラ感がほとんどなく、それが逆に密着してしまうのだと思います。

音さえ気にしなければ、特に問題無く張上げできます(当たり前ですが)。


そして、早速今日打ってきたんですが、悪く無いです。っていうか、

これってなかなか良いんじゃないすか?!

ストリングのコーティングのせいか、特にヘアピン時のシャトルのかかり具合が良く、ハーフスマッシュ、全力アタック、ともにストレスなくコースを狙う事ができました。BG65TIの違いというと、打感の柔らかさでしょうか。バボラの時は少し硬い感覚がありましたが、こちらの場合は少し柔らかめ。といってもハイテンションで張り上げているので「ぶよん」という感じはありません。球持ちが良い分コントロールしやすくなったようです。




細めで弾く方がいいという方には絶対に薦めませんが、太めで柔らかめの打感がいいというなら、BG65TIよりもいいかもしれません。

今後練習を重ねて、打感や耐久性を再度確認していきたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ