初心者から脱出する為に。



初めてラケットを持った選手のラケットの軌道は

「下から上」

空振りが怖く、上から飛んでくるシャトルを見る為に目線を上にあげる事での恐怖心から、スイングが下から上に押し上げるようになる。

次に

「後ろから前」

シャトルを前に飛ばしたい、強く打ちたい、打ちあいたい、そういった向上心からラケットを後ろから前に押し出すように打つ。空振りの恐怖心があるうちは、いわゆる「スイング」にはならず、押し出すようになる。

「上から下」

羽根を強く打とうとする、シャトルを捕える自信がついてくるとだんだん強く打とうとする気持ちが芽生えてくる。空振りの恐怖心が薄れてくれば、後はシャトルを強く、上から下に打ちこむことができるようになる。

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


センスはこの順序を軽く超えてしまう。センスが無くとも、しっかり階段を登れば必ず上までたどり着く事ができるはずだ。