ぼーっと見てました。



卓球の面白いところは、体格によるハンデが少ないところでしょうか。中学生から年配まで同じ土俵で戦える期間がバドミントンに比べると長いようです。中学生で世界チャンピオンになったり、数年前には連続出場記録を持つ男性も。
そしてスピード感。いくらバドミントンでネット際の際どいところで勝負してもあの卓球のスピード感にはかないませんね。

ところで、見てて気が付くのがバドミントンで言う「凡ミス」を、決勝に勝ち進む選手でさえも頻繁にやってしまっていた事です。凡ミスで言えばサーブレシーブミスが最も印象に残りました。なんてことないサーブを空振り、またはネットにひっかけてしまうといったプレーが目につくのは、バドミントンではやってはいけないミスだからでしょうか。
話によると球が想像できないほどスピンがかかっている為打つことすら難しいとの事。最初の一本目からそんなプレーが行われていると考えると、あのテンポでのラリーはいったいどうなっているのやら。

それと、あのテンポでのラリーは、果たしてどこまで確実性があるショットなのかが疑問に残りました。狙っているところから少しずれてアウトになったりネットにかかっているのか、そもそも「入ってくれ!」と願いながらのショットなのか、やはりやっているスポーツと未経験のスポーツは、見方がどうしても変わってしまいます。


実は、一番注目していたのは「足」なんです。あのテンポでのフットワーク。4人ともごっつい足ではなく、特に高校生ペアの足はスラッとした感じ。それでもあのスピードを生みだせてるということは、膝の角度、骨盤、足裏の使い方等相当練習してベストを目指しているんじゃないかと感じました。サーブレシーブ前の脱力しつつ緊張が多少入っている足。あそこら辺の考え方はバドミントンにも生かせるでしょう。

ついつい見入ってしまってこの時間。さてさて、夜練準備しますかね。