わかってはいるけど限度ってものがある。




スキルアップの為の練習は、全て試合で生かす為のもの。ってことは、練習でやったことはゲーム練習で使えるようにしなければいけません。つまりは、ゲームで使えなければ、練習がまだまだ不足ということ。そして練習した事はどんどんゲームで使ってみなければいけません。


といっても、2本に1本しか入らないショットをゲーム練習でやってみたところで何を考えているのかさっぱり。確かにゲームで使えるように、練習でやったことをゲームで、とは口酸っぱく言ってますが、2本に1本のミスをひたすら繰り返し、さらに一向にミス率が減らないのだからどうしろと。

選手のチャレンジ精神を踏みにじる指導者は駄目、それはよくわかっていますが、さすがに怒りしかおきませんでした。。。ごめんなさい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


ゲームにはまだ使えない事、ノック練習からパターン練習でその球種を打ちこみ、より実戦に近い形で技術習熟を狙い、最終的にゲーム練習に持ち込む、こういった段階を踏む事もしっかりやっていかなければなりません。

選手のチャレンジ精神を尊重しつつ、ゲーム練習でやらなければいけない事もしっかりと伝え、得点効率や対戦相手、パートナーの気持ちも抑えつつ、、、そして、一番抑えなければならないのは私の怒りなのでしょう。。。



困ったわぁ。