逆説。




前衛では、常日頃「仕事」をする為に前にいるようにと口酸っぱく言っている訳ですが。。。

ここは思い切って、、、


「前衛なのに前を捨ててみよう!」


なんて事を考えてみました。

いわゆるトップアンドバックの状態で前衛に入り、後衛のパートナーがスマッシュを打ったとします。この状態でよくあるのが、

・前で縮こまって何をしていいのかわからない

というパターン。手も出ない、動く事も出来ない、聞いてみるとどうしたらいいかわからないとのこと。手を出しなさい、動きなさいというのは、出来ない人にとっては苦痛でしかありません。


だったら、


前へのリターンは無いものとしてみましょう。

つまり、後衛からのスマッシュは、相手は必ずロブか強い羽根で返してくる、そう思い込んでみます。


こう考える事で動く場所はかなり少なくなります。後衛がストレートスマッシュを打ったのであれば、ストレートのリターンは後衛が処理します。ロブならもう一本スマッシュ、ドライブなら前に詰めてもらいます。

となると、前衛が処理するべきリターンは、クロスドライブとクロスロブ。この二つになります。前衛に入ったらこの二つだけを頭に入れて相手のリターンを待ちます。前に詰め過ぎてはクロスロブに対応できないので、若干後ろ目、シングルスよりもちょっと前ぐらいでしょうか。ここで相手のリターンを見極めてみます。

そう考えて構えると、おそらくはクロスへの速いリターンも、クロスの高いロブも処理できるのではないかと思います。

実はこれだけでは終わりません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

その2点を考えてポジションを取る、この位置、パートナーをフォローする為の最適な位置になってくるはずです。この位置でも、前へのリターンをロブで返すことは容易なはず。無理に前で仕事をしようとせず、ラリーをしていくなら、前衛のポジションはこの位置になるのです。前で仕事をする、だから前にいると考えると、どんどんネットに近づいてしまいます。その考え方を変えるためには、まず後衛のフォローをする、前に落とされたらロブで組み立てなおせばいい、それぐらいな気持ちでポジションを後ろにすることで、さらに前での仕事がしやすくなるでしょう。

最初は前はスルーしてしまってもいいかもしれませんが、そのうち、その場所からいろいろなプレーが生まれてくるはずです。プレーを変えるにはポジションを変えてみましょう。