ダブルスでもシングルスでもありえるパターンです。



スマッシュを打ったらクロスに切り替えされて決められた

・スマッシュを打った後に足が止まってしまい動きだしが遅れた
特に強打した後は動きだしが遅れやすくなります。打ったら動くことを体に染み込ませて、次のリターンに対してすぐ対応できるようにしておけるとエースを決められにくくなります。

対策:フットワーク(強打スイング後プレーイングセンターへ)


・スマッシュが内側に入った
シングルスでは特に、ライン際へ強打できればそうそうクロスへ返されるものではありません。それが少しでも内側に入ると、相手のリターンエースチャンスになることがあります。ショットスピードで押し込むこともできますが、まずはコースに打てるといいでしょう。

対策:スマッシュをサイドラインに打つ練習


・スマッシュが浮いてしまった
こちらはダブルスでよくあるパターンです。ダブルスではサイドライン際にスマッシュを打ってもサイドバイサイドの状態ではあっさりと届いてしまいます。そこで浮いたスマッシュを打ってしまうと、前衛の顔付近を通る厳しいクロスリターンが返ってきてます。スピードを犠牲にしてでも相手に床付近でレシーブさせるようなスマッシュを打てば、ドライブ気味のリターンは防ぐことができます。

対策:スマッシュの角度をつける練習


・スマッシュを打った場所が厳しかった
スマッシュを打ってはいけない場面、というのがあります。バック奥の追い込まれたところからのスマッシュは、体がコートの外に出てしまうことすらあります。そんなところからスマッシュを打てば、切り替えしが甘く入ってきても返球できないこともあるでしょう。スマッシュを打っていい場面、打ってはいけない場面を考えてみるといいでしょう。

対策:スマッシュを打ったらどうなるか考えてプレーを


・同じケースで繰り返し同じ場所にスマッシュを打った
たとえばクロスクリアが来たら必ずストレートにスマッシュを打っていたとしたら、ゲームの終盤はそれを読まれてしまいます。コースがわかればレシーブもやりやすくなってしまいます。自分が打ちたいショットではなく、相手のことをよく考えて羽を出すようにしましょう。

対策:スマッシュを生かすためのプレーを考えてみましょう


にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ