ヘアピン→攻め プッシュ→攻め なんで?



ヘアピンを打ったらプッシュを打たれた

・ヘアピンが浮いた
ヘアピンが浮きすぎるとたたかれる危険が増えます。注意。

対策:浮かないヘアピンを打つ

・ヘアピンが長かった
ほとんど浮いていないヘアピンでも、距離がでるヘアピンはそれだけ相手にプッシュを打たれる可能性がある時間が増えるということになります。浮かせないように打つのはもちろんですが、球足が長いヘアピンも注意が必要です。


対策:球足の短いヘアピンを打つ

・相手が目の前にいた
ダブルスでは、どんなにいいヘアピンを打ったとしても相手が目の前にいればプッシュを打たれる危険があります。相手の位置を確認して、クロスヘアピンで逃げたり、ヘアピンを選択しないようにしましょう。

対策:相手前衛の位置を確認してヘアピンを打つ


・ヘアピンを打つのを読まれていた
ワンパターンになると、たとえばドロップを打った後にヘアピンが来ることを読んで前に詰めてきたりする場合もあります。自分が打ちたいときに打つのではなく、相手が苦しみそうなときにヘアピンを選択できるようにしましょう。特にダブルスでは、読まれたらプッシュを打たれると思っておいていいでしょう。

対策:自分以上に相手の状況を考えて


・ヘアピンの打点が低かった
低い位置でヘアピンを打つということは、ネットを超えるまでに時間がかかります。その時間で相手は前に詰めてくることができてしまいます。また、低い位置で打つということはそれだけコントロールは難しく、浮きやすいというデメリットも。ヘアピンの基本は高い打点で。

対策:高い打点で打つ練習を。フットワークスピードで高い位置で触れるようにする


・ヘアピンを打つ位置がネットから遠かった
これも上記と同じです。遠い位置からのヘアピンは、相手に詰められる危険があります。あまりに遠い場合はヘアピンではなくドライブやアタックロブを選択したほうがいいことも。状況を考えて球種を選択しましょう。

対策:触る位置によってはヘアピンを選択しないほうがいい場面もあることを頭に入れてプレーしましょう

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ