べた足は相当怒られました。



べた足を拒否するあまり、常に踵を上げてしまっている選手いませんか?

特に体重移動を行う場面では、踵を踏み込むようについた方が移動がわかりやすくなりますし、上に伸び上ることを防ぐことができます。

さらに、足を横についてストップをかける場合にも、踵をしっかりついて蹴りだします。この踵の使い方はあまり指導されることがなく、ほぼ選手のセンス任せになっている現状も否めません。むしろ、これをつま先を前にと直されてしまう場合も。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


つま先の使い方、そして踵の使い方、これをいろいろな場面を想定してのステップ練習やフットワーク練習を行って、ゲームに生かせる踵を作っていきましょう。