やってみるもんですね。




強打できなかったり、それが特にゲーム後半になってでてきてしまう選手を目一杯あおってみました。ゲーム後半を意識するにはそれだけ練習であおらないと。

と思ってやってみたわけですが、その選手の特徴がわかりました。


疲労なのか精神的なものなのか、煽り始めて徐々に、プッシュを強打できなくなりました。今回の強打とは、強いスイングでシャトルを下へ打ちつける事。これができなくなったのです。

疲れで足が動かなくなった、と言えるかもしれませんが、この後「しっかり打ちこんでみろ!」とキレて激励してみたところ、スイングスピードは若干早くなったのですが、全てエンドアウトになってしまっていたのです。

強く振った事でエンドアウトするということは、下に打ちつけられていない事。それができないということは、つまり打点が後ろになってしまっていたのです。精神的か疲労か、足のせいなのか目のせいなのか、そこら辺までははっきりつかめていませんが、練習後半、身体を追い込んだ後に打点が後ろになっていってたのです。打点が後ろだからラケットが振れない、振れないから強打が出来ない、振ったところで軌道が水平にすっ飛んでエンドアウトになる、まったくの悪循環であって、本人はまったく気が付いていないところが大問題。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

これから、何故後半に打点が後ろになるのか、どうしたら解消できるのかをいろいろと試してみなければなりませんが、一つ、指導者として前に進めたような気がしています。声をかけるだけでなおるならいいのですが、今後試行錯誤していこうと思ってます。