です。




以上。


乱暴ですが以外にできてない場合があります。


スマッシュレシーブは下から上へ。後ろから前へ。そう教わるものだから、すくいあげるように打ち返す選手の多い事多い事。

別にスマッシュレシーブなんて打ちあげる必要は無いんです。高ければ尚更。スマッシュレシーブに必要なのはロブの技術よりもドライブの技術の方が近いと考えています。

ラケットを横に振り、打点を前にすればバックなら右側に、遅らせれば左側に。フォアならそれの逆方向に羽根は飛行する、この感覚で弾くように羽根を打ちだせれば、より攻撃的なレシーブが可能になります。

この考えを突く詰めると、より早いタッチで前で触る事がどれだけ重要かわかるかと思います。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

うまくいかないなら変えてみる、これを繰り返していい形を見つけていきましょう。