なんて名前にしたらいいのやら。



ちょっと前に書いた、だらだら乱打の解説です。

・ポジションはドライブぐらい。1対1で打ち合うのがベスト。

・ショットは基本山なり。

・お互いが、一歩ぐらいで取れる位置に打ち続ける。

・フォア、バック、前、後ろにイメージしたところに羽を返球する。

・速い羽、遠い羽はダメ。


これを、

1分から5分で1セット
羽が返球できなかったり遠くへ打ってしまったものをカウント(1セット後罰ゲーム)

こんな感じで行います。

練習前のアップや練習後のダウンで行うといいでしょう。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ


やってみると、意外とゲームのレベル通りにいかないことが多く面白い結果になります。強く打つことでコントロールしている選手は特にこの練習は苦手なようで、ラケットワークを磨くにはいいかもしれません。

準備運動等の時間が取れないときも、これを3セットぐらい回して練習スタートするとか、負荷の少ない練習メニューのレパートリーも増やしていけるといいですね。