すいません、基本性能ネガティブなもので。




例えば・・・


10-21での敗戦

相手から10点をどうやって取ったのか、そして21点どうやってとられたのか。
この10点を取るのは実はそんなに難しい話では無い。
「オンラインを狙い続けて10点入った」
「ネットインを狙い続けて10点入った」
というプレーが可能だからだ。

まずこの時、失点を考えてみる。21点の失点が上記のようなものだったら、狙った結果のぶれにより21点の失点につながったと考えられるだろう。

簡単に言えば、こんなプレーはするべきではないと言える。練習で確率を上げなければゲームで生かせるわけがないからだ。

つまり、失点を考えて上げる事で、練習の内容が見えてくる事になる。いいところが得点といえばそれまでだが、確率を考えたら決していいところでは無いとも言える。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

ゲーム練習では失点の内容を掘り下げたい。次の練習での底上げの近道は、失点から追いかけるべきである。