ダブルスの前衛の永遠のテーマの一つ。




後衛がストレートにスマッシュを打って、それを相手がクロスに切り返した時、前衛はそのショットを取りにいくべきかどうかは難しい判断です。

細かく説明するのは簡単なんですが、これをどう簡潔に頭に入れておくかが難しいところでもあります。

ということで、前衛がクロスのリターンをフォローしなければいけないパターンの要点だけを上げてみます。

・後衛がサイドラインぎりぎりのところからスマッシュを打った時
・後衛がセンターではないところでエンドラインぎりぎりからスマッシュを打った時

この時、後衛は非常に苦しい立場にありますので、前衛は前(特に相手のストレート前)とクロスをフォローするようなポジションを取ります。センターよりちょっと前が妥当かと。

それともう一つ、

・後衛がハーフからスマッシュを打った時

この場合は、そのまま後衛を前に突っ込ませた方がいいので、前衛はとっとと前を空けて、センター付近かそれより少し後方にポジションを取ります。



これ以外の後衛からのスマッシュやドロップ、カットでは、前衛は前衛のベストのポジションにとどまり、前衛としての仕事を果たします。

単純に表すとこの3点ですが、実際は様々な状況から選択しなければならず、意思疎通がずれればたちまち衝突してしまうことになります。そうならない為には出足の遅れを無くし、遅れたら動かないということを徹底すれば防げるプレーもでてくるでしょう。声を早いタイミングでかけるのも大切です。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

慣れる事が一番ですが、少しでも早く慣れる為には頭で考え、状況を確認しながらプレーしましょう。