困った時のケースバイケース。



相手からのスマッシュやドライブを、

・ネット付近に返球し、相手のヘアピンやロブを打たせる

・強く返球し前衛のミスを誘うか、後衛を動かしロブを打たせる

攻めるとしたらこの2つを選択することになります。どちらを選ぶかはケースバイケース。相手や場面に応じて変えていかなければなりません。

簡単に考えるなら、相手がフォローを考えて動く前衛ならネット前が有効に、前衛に貼りつくタイプならドライブ系が有効になりやすいと言えます。
相手が奥からスマッシュを打てば、パートナーはフォローに回る確率が増えるためネット付近へ返球、という選択もいいでしょう。

このプレーを成功させるのに共通する事があります。それは、できるだけネットの近く、つまり前でシャトルに触れる事です。ネットへの返球も、時間があればある程相手も対応してプッシュを打たれる可能性があります。ドライブで強打する場合も、羽根を待って強打するよりも、相手が構えていないうちに抜きに行く方がリスクは減ります(難易度は上がりますが)。

このプレーでは、ストレートならストレート、クロスならクロスへそのまま返球するのが難易度は低くなります。ミスをしたくないなら素直な返球を心がけましょう(クロスからクロスへのネット前はあまりよろしく無いと思われます)。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

クロスをストレート、ストレートをクロスへ打つのにも、早いタッチが特に有効です。相手は準備をしていないうちに逆方向へ展開されるので反応が遅れやすくなります。ですが、このプレーにもやはり慣れはあり、そうするとわざと打点を遅らせてフェイントをかけて逆方向へ打って、的を絞らせないような工夫もしていきましょう。